アクセスカウンター

イエス・キリスト ほんとうの神 救い主 

蒸し鶏とサラダほうれん草のサラダ(主菜になるサラダを考えてみる)

蒸し鶏とサラダほうれん草のサラダ(主菜になるサラダを考えてみる)

画像の説明

 「お食事は主菜と副菜を考えてバランスよく……」何て標語の様な言葉をよく見かけるが、忙しい主婦、特にぴゃーぴゃー泣く赤ちゃんを抱えている主婦にとっては、「主菜、副菜? 二品? 無理っす!」とでも言いたくなると思う。

 なので、こう考えてみればいい。「副菜の栄養素も含む主菜」を作れば、一品で済むんじゃないか」

 個人的には、海原雄山(美味しんぼ)の「人間は基本的に生野菜が好きではないのだ」という意見に賛成で、肉料理にちょっとつけるような、レタスときゅうりとトマト、みたいな簡単なサラダが好きではない。
 サラダはゴージャスにしたい。そして、ゴージャスにすると、あら不思議、サラダが主菜になるのだ。それに、世界最強のおかず、納豆があれば、栄養素的には十分。

☆材料:
 鶏胸肉一枚
 サラダほうれん草 1束
 人参 半本
 玉ねぎ 四分の一個
 オリーブ(なくてもいい)
  
①胸肉は切り分けて塩と酒をまぶし、蒸す。(深めの皿に入れて、蒸し器でもいいし、いいお鍋に少し水を入れて、熱を入れて、鍋帽子をかぶせてもいい)火が通ったら手で肉を裂く。
   
②人参、玉ねぎは千切りにして水にさらす。

③オリーブは輪切りに、サラダほうれん草は短く切る(ほうれん草のパッケージによれば、洗わなくていいらしい)。

④水切りした人参、ほうれん草と、①と③を合わせ、ドレッシングで和える。

 ※ドレッシングは、和風、洋風、どっちでも合いますが、この前我が家で作ったものを参考までに。

☆ドレッシング:
 オリーブオイル
 塩
 胡椒
 砂糖
 コリアンダーパウダー
 レモン汁
 みじん切りにしたピクルス
 からし少々
 
  を混ぜる。

↓ピクルスは我が家の手作り。
画像の説明

ドレッシングは他のどんな料理よりもバリエーションが豊富と言われているものなので、ぜひ創意工夫してください。この方程式を利用してみて。↓

(塩味+酸味+風味+甘味+香辛料+具材)×混ぜる=ドレッシング

 これ、僕なりに考えた「料理の方程式」というもので、詳しくはまたの機会に。

コメント



認証コード5220

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional