アクセスカウンター

イエス・キリスト ほんとうの神 救い主 

ゆで豚ポテトサラダ(味噌にんにく風味)

ゆで豚ポテトサラダ(味噌にんにく風味)

※「ガラスの仮面」風のレシピ紹介

亜弓:見て婆や、今夜のホームパーティのためにポテトサラダを作ってみたの。

婆や:まあ、亜弓お嬢様! なんて素敵なお味!

亜弓:うふふ。婆やにそう言ってもらえると嬉しいわ。小林勝代さんのレシピとか、栗原はるみさんのレシピを見ながら、何度も試作を重ねたのよ。マヨネーズも手作りしてみたの。

婆や:お嬢様、ほんとうに努力していらっしゃる。世間では天才なんて言われていますけど、亜弓お嬢様がこんなに努力なさっているところも見ていただきたいですわ。

亜弓:それはいいのよ、婆や。

(ピンポーン)

婆や:あら、お客様がいらっしゃいましたわよ。

マヤ:こんばんはー、亜弓さん。実はね、ポテトサラダを作って来たの! ぜひ食べて!

亜弓:ありがとう、マヤ。え? でもこれって…。

ゆで豚ポテトサラダ(にんにく味噌風味

マヤ:思い切って、豚肉を入れて味噌味にしてみたの!食べてみて!

亜弓:こ、これは……ポテトサラダなのに、茹でた豚肉が入っていて、味噌とにんにくの風味……でも全然おかしくないわ。むしろ、斬新な味。わたしのポテトサラダと比べたら……負ける?

マヤ:亜弓さん、どう?

亜弓:マヤ……これ、誰のレシピなの?

マヤ:わたしが自分で考えてみたの。

亜弓:あ、あなたが自分で!?

マヤ:そうなの。じゃがいも四個を角切りにして蒸すでしょ。そして、豚小間肉を150グラムほど茹でてね。それから切り分けるの。そうそう、そのゆで汁は、明日ラーメンのスープに使うつもりなのよ。それでね、赤パプリカ半分と玉ねぎ三分の一個を細かく切って、水にさらすの。水を切ったら、肉と合わせて、ソースと混ぜるの。

亜弓:ソース?

マヤ:味噌を大さじ2、しょうゆを小さじ1、こしょう、マヨネーズを大さじ4から5、レモン汁大さじ1、砂糖大さじ1、すりおろしたにんにく1かけってとこかしら。これを混ぜて、さっきの肉と野菜と和えるの。そのあと、じゃがいもを加えて混ぜれば完成よ。

亜弓:なぜ先に肉と野菜を混ぜておくの?

マヤ:その方がお肉が優しく包まれる味になって、いいような気がしたの。

亜弓:気がした? あなた、それを学んだんじゃなくて、自分で思いついたの? それにこの組み合わせも、何かを参照にしたのではないの?

マヤ:そういうわけではないの。でも、ポテトサラダも、味噌も、ゆで豚も、それぞれで食べたことがあるから、合わせても問題ないんじゃないかって思ったの。
あら、亜弓さんもポテトサラダなのね。いただきまーす! ……すごくおいしい! やっぱり亜弓さんってすごい!

亜弓:(わたしが努力を重ねてたどりついたポテトサラダを、この子は閃きだけで越えていく……。北島マヤ、恐ろしい子……!)

コメント

  • マヤの閃き

    美味しそう。難しそう。斬新。食べたい。




認証コード9169

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional