アクセスカウンター

イエス・キリスト ほんとうの神 救い主 

長ネギと肉団子のマリネ

長ネギと肉団子のマリネ

野菜が高いですね。

大根350円、キャベツ265円、ほうれん草238円。

八百屋のおっちゃんが「売りづれえよ」とぼやいていた。こっちは「買いづれえよ」。

共にこの苦しみを分かち合おうぜ、おっちゃん。俺達も頑張って買うからさ。

きっと俺達に必要なのは、「消費者としての召命」だと思うんだ。共に一つの社会の一員。売る人には売る使命があり、買う人には買う使命がある。

いや、責任と言ってもいいと思うんだよ。
安いからと言って、大きなスーパーで買えばいいってもんじゃない。

そのスーパーの売り上げはどこに還元されるんだろう。そこまで考えなくちゃ。

やっぱり、地域の売り上げは、地域に還元されてほしい。

地産地消ってさ、結局、商品の事だけじゃなくて、お金の回り方って意味でもあると思うんだ。

だから、たとえスーパーより高くても、俺はあんたの店で買うよ、おっちゃん。

一消費者として、これからもよろしくな。

ただ……。

教会の駐車場には大量のネギが植わっていて、これが甘くておいしいネギなのだ。というわけで、ネギ料理。
(これもまた地産地消)


長ネギと肉団子のマリネ



材料:
ねぎ    二本(緑の部分も全部)
豚挽き肉  300グラム
人参    一本半
しめじ   四分の一株

調味料:
(マリネ液)
酢     大さじ4
料理酒   大さじ3
砂糖    大さじ2
こしょう  少々
ベイリーフ 2枚
タイム
塩     大さじ1 

(肉団子の下味)
塩    小さじ1
料理酒  大さじ1
こしょう 少々
小麦粉  大さじ2
(片栗粉でもOK)

①マリネ液を作る。酢、料理酒、砂糖、塩大さじ1、ベイリーフを鍋に合わせ、煮立たせてから冷ます。その際、タイムとこしょうも加える。

②ネギは2センチ幅に切り、素揚げする。温度は低めで、短時間が望ましい。焦げすぎると、においがきつくなる。少し茶色くなったら引き上げる。

③人参1本は短冊に切り、同じく素揚げ。しっかりと火を通す。

④ ②、③を共にマリネ液に漬け込む。

⑤人参半本、しめじをフードプロセッサーにかける。(フードプロセッサーがない場合はみじん切り)
 それをひき肉と合わせ、塩小さじ1、料理酒大さじ1、小麦粉大さじ2と共にこねる。

⑥ ⑤を肉団子にし、小麦粉をまぶし、揚げる。

⑦ ⑥をマリネ液に漬け込み、完成。

マリネされたネギがあまーーい。下仁田ねぎとか、太くてしっかりしたネギを使うといいでしょう。

コメント



認証コード3937

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional