アクセスカウンター

イエス・キリスト ほんとうの神 救い主 

焼なすと豚しゃぶのサラダ(娘と共に)

焼なすと豚しゃぶのサラダ(娘と共に)

昔、僕が口内炎で苦しんでいた時に、妻が
「焼いたなすのヘタを押し当てると直るらしいよ」
と、どこかで耳に入れてきた民間療法を教えてくれた。

お人好しの僕は、ちょうど冷蔵庫にあったなすのヘタを切り取り、カリカリに焼いて、唇の口内炎に押し当てた。

結果、口内炎の痛みに、火傷の痛みが加わっただけだった。

あれは一体何だったのだろう。

妻が嘘をついたわけでもないようなので、何かを間違って覚えたのか、それとも、焼いて冷ましたヘタを当てるべきだったのか。

まあ、とにかく、それ以来、口内炎になっても焼いたなすのヘタを当てる事はしていない。

でも、そんな妻が好きだ。

で、この料理は、娘が大部分を作ってくれた。だいぶ腕が上がってきたぞ。



焼きなすと豚しゃぶのサラダ

材料:
なす 中4本
人参 半個
パプリカ 三分の一個
わけぎ 1本 
きゅうり 1本
豚小間300g
アスパラ 3本(なくてもよい)

・ドレッシング
ごま油 大さじ2
しょうゆ 大さじ2
塩 小さじ1
砂糖 大さじ1
こしょう 少々
にんにく1かけ(すりおろす)
レモン汁 大さじ1
からし 小さじ二分の一
(全部混ぜる)

①なすは縦半分に切り、それを横半分に切る。それを更に縦三等分にする。フライパンにサラダ油大さじ2を入れ、なすを焦げ目がつくまで焼く。

②人参、パプリカは千切り、きゅうりは斜めに切り、それぞれ水にさらす。

③アスパラはさっと茹でて2センチ幅に切る。

④鍋に水を入れ、豚小間を入れて茹でる。沸騰したらあくを取り、肉に火が通ったら取り出す。(残った茹汁はスープなどに使える)

⑤ ④の肉を一口に切る。水にさらしておいた野菜、なす、アスパラを合わせ、ドレッシングで和える。

コメント



認証コード7824

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional